青汁の飽きない飲み方

青汁が体に良いと分かっていても何となく、あの味を毎日飲んでいると飽きてしまったり、苦痛に感じてしまう人も多いと思います。そ

んな人には、少し工夫をして、青汁を飲む事をお勧めします。青汁には様々な飲み方があり、自分の工夫次第では、そのバリエーションは、どんどん広がっていくほどです。だからと言って、急に自分で飲み方を考える必要はありません。まずは、色々な人の飲み方を参考にし、その上でプラスしていく方法がお勧めです。

まずは、基本の組み合わせ。青汁+牛乳です。牛乳に混ぜて飲む事で、フルーツ牛乳のような味わいも期待する事ができます。これならば、ちょっと小腹がすいた時のおやつ変わりに青汁。忙しい朝の朝食代わりに青汁と言った飲み方も可能かと思います。

もし、牛乳のカロリーが気になるのなら、豆乳に変えて飲む事も可能です。豆乳にする事で、カロリーも気にせず、また、イソフラボンと言った栄養素も青汁と一緒に摂取する事が可能になります。

そんな飲むタイプの味に飽きた時は、ヨーグルトに混ぜても、意外と美味しい青汁。朝食のヨーグルトに青汁を混ぜて食べれば、青汁をいつもと違った味で摂取する事ができるほか、ヨーグルト事態にも変化を付ける事が可能になります。また、プレーンのヨーグルトに飽きた場合は、フルーツ入りのヨーグルトに青汁を混ぜてみるなどチャレンジしてみるといいかと思います。

これらの他、青汁を何かに溶かして飲むと言った以外に何かにかけて摂取すると言った方法もあります。青汁の場合、粉末タイプのものを購入する人が多いと思います。そんな粉末をうまく利用し、アイスクリームに青汁をかけて食べる事もできるのです。アイスクリームに青汁?と思うかも知れませんが、これが意外にベストな組み合わせになります。

基本的には、乳製品なら、どんな物にも合う青汁。その為、アイスクリームにかけても、美味しく食べる事ができるのです。

これらが青汁を飽きることなく飲み続ける為に基本中の基本レシピになります。その事を踏まえ、自分なりにアレンジする事で、毎日でも飽きずに美味しく青汁を摂取する事が可能です。

少し苦みが気になる場合は、ハチミツやシロップを少し混ぜるだけでも、グンと飲みやすくなります。また、青汁独特の臭みが気になる場合は、柑橘系の果物を混ぜる事で、臭みを抑える事も可能です。これらちょっとした工夫だけでの十分、飽きずに毎日飲む事ができると思います。