青汁の種類や効果

青汁といえば苦くて美味しくない、しかし健康には良いものといった印象を持っている方が多いかと思います。しかしそれは少し前までの話で、最近は飲みやすく加工された比較的美味しい青汁が増えているといわれています。あまり青汁に関して知識がないという方は、その種類の豊富さに驚かされることでしょう。

まず青汁と一口に言っても使用されている材料が異なっており、それによって効果が異なることがあります。例えば昔の苦くて飲みづらいというイメージが強いのはケールです。ケールはビタミンCやカルシウム、βカロテンやルテインなど様々な栄養素が豊富に含まれており、スーパー野菜と呼ばれることもあります。

注目すべきは心地よい睡眠に誘ってくれるとされているメラトニンが豊富に含まれているという点で、美容や健康には非常に良いものと言えるかと思います。一昔前までは飲みづらいものが大半を占めていましたが、現在では品種改良が進みクセが少なくなっていたり、その他のものとブレンドされているものも増えています。

次に有名なのは大麦若葉でこちらも栄養が豊富です。全体的な栄養素を見てみるとケールより劣ってしまう面もありますが、口当たりが良く飲みやすいという特徴があります。

また、ケールよりも鉄分が豊富に含まれていたり動脈硬化や高血圧を予防するSOD酵素が含まれているなど十分優秀な素材となっています。ケールや大麦若葉ほどではありませんが、明日葉を用いた青汁も少なくありません。明日葉にはβカロテンやビタミンB、C、E、さらに肥満を防ぐといわれているカルコンという明日葉独自の成分が含まれており、美容やダイエットなどを目的とした方に人気のある原材料です。

その他にもクマザサやよもぎ、最近ではユーグレナなども青汁の原材料として用いられることがあります。

しかし例え美容や健康に良く、飲みやすく改良されているといわれても、どうしてもあの独特な風味が苦手という方もいらっしゃるでしょう。そのよう場合は牛乳や豆乳、野菜ジュースやヨーグルトなどと混ぜてあげると飲みやすくなりますし、青汁以外の栄養素を加えることができるのでおすすめです。

はちみつや黒蜜などをプラスするのも良いでしょう。これらは飲みやすくなりますが物によってはカロリーが高くなってしまうこともあるため、その点は注意をしておくとよいポイントです。

いくら体に良いといわれても苦手なものを無理やり飲んでいてはストレスになってしまいます。タブレット状のものなどもあるため、自分が飲みやすい青汁を見つけて楽しく続けたいものですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


青汁人気ランキング