青汁と子供

青汁というと、どうしても飲むイメージがあります。ですが、それだけではないとここ最近知りました。なんと、方法によっては食べることも出来るというのです。

また、青汁というとどうしても美味しくないイメージがあるという人も多いのではないでしょうか。昔より美味しくなったといっても、それでも抵抗がある人もいるでしょう。それでも、健康のことを考えると飲んだほうがいいのだろうかと思うこともあるかもしれません。

健康には気を使いたいけどあの味はちょっとと尻込みしている人に、知って欲しいです。何かを作ったりするときに混ぜたりすることで、青汁独特の味が分からなくなったり目立たなくなるのです。独特の味と言っても最近のものは目立たないことが多いですが、それでも気になる人は気になるでしょう。

ですが、混ぜてしまえばもはや混ぜたことすら忘れてしまうかもしれません。もちろんあまりに多く混ぜたら流石に味が分かるでしょうが、そこまで入れない限り、かなり分かりにくくなると思います。最近は抹茶のような味の青汁も多いですし、抹茶味のものと勘違いする人もいるかもしれません。

どういう料理に入れたりするかは自分の自由ですし、1から自分で考えて作るというのもありだと思います。

野菜が嫌いな子供がいれば、混ぜて出すというのもありですね。ただ、最初からたくさん入れるとばれてしまってそれ以降受け付けなくなる可能性もあると思うので、微量から始めたほうが良いかもしれません。

いくら入れても気づかずに美味しく食べる子もいるとは思いますが、ちょっとした量でも気づいてしまう子はいると思います。そのあたり、慎重に進めることに越したことはないと思います。1度躓いてしまうと、その後続けるのは結構無理があります。なんとかして摂取させたいという気持ちは分かりますが、気長にいきましょう。

せっかちになってあっという間に頓挫するよりも、時間をかけて上手くいったほうが良いと思います。最近の青汁は癖がだいぶ抜けたため、昔よりは格段に子供でも飲みやすくなっているとは思います。直接飲んでもらうというのもありですし何かと割って飲むというのも良いかもしれません。どうするかは親次第かもしれませんね。

ですがまずは、色々試してみて子供の反応も見ると良いかもしれません。急ぐ必要は無いと思いますし、健康のことを考えるなら続けないと意味が無いので、慣れさせるのがある意味1番手っ取り早いと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


青汁人気ランキング